チーム育児とは

ひとりで育児を抱え込まず、
夫婦(または保護者)の協働を中心に、
子育て支援サービスやツール、
周囲の人を頼りながら、
楽しみを感じつつ行う育児のことです。

周囲を頼って!さあ、チーム育児を始めよう!

ママ友、パパ友
親戚、ご近所さん
専門家
(助産師・保健師・
かかりつけ医・保育士等)

テレワーク、時短勤務の利用
育児休業の取得
勤務形態の選択
企業主導型保育所、
子連れ出勤制度の活用

NPO、子育て支援拠点
ファミリー・サポート
・センター
病児、病後児預かり
在宅育児応援クーポン

ネットやアプリを介した
育児・家事支援
夫婦でのスケジュール
共有アプリ
お掃除ロボットなどの
便利な家電

現代の子育て家庭では、核家族化や地域コミュニティにおける人間関係の希薄化により、かつてのように家庭内で祖父母や年上の兄・姉などに子どもの面倒を見てもらったり、隣近所に子育ての相互援助を期待したりすることが困難になっており、家庭の中で「子育ての孤立化」が進むとともに「子育ての負担感」が増しています。
このような現代の社会環境のもとでは、夫婦の他に家庭外サービスや人、便利なツールを取り入れた「チーム」で育児をしていくことが、仕事と育児の両立に適した「子育てのカタチ」であり、「他者に頼る力=受援力」を身につけることが、子育ての負担の軽減につながるという考え方が広がっています。
これに伴い、本県でも「チーム育児」の普及啓発に取り組み、子育てしやすい社会づくりを進めています。

「ブルーデイジー」や「ランタナ」には
「協力」という花言葉があります。

MENU