※賛同日順に並んでいます。

企業・団体名 株式会社フジタ建設コンサルタント
住所 板野郡北島町鯛浜字原87-1
取組内容のPR及び抱負

【取組内容】

令和3年1月1日より、育児・介護休業法施行規則が改正され、時間単位で子の看護休暇が取得できるようになりましたが、わが社では平成4年4月に育児休業規程を制定した当時より、子の看護休暇は時間単位で取得(法定有休とは別の有休)できるように制定いたしました。また、育児短時間勤務及び所定外労働の免除は、法定では子が3歳に達するまでですが、わが社は当初から小学校就学の始期に達するまでと制定してあります。他にも、仕事と育児の両立などに関する質問や相談の窓口を総務に設置し、社員が安心して育児と仕事を両立できるように全力で支援しています。
平成28年度には、そのような取り組みが評価され、徳島県より「平成28年度はぐくみ支援事業 徳島県知事賞」を受賞いたしました。

【抱負】

わが社にとって、社員とその家族の幸せが会社の幸せであり、わが社は、社員が仕事と育児を両立させることができ、社員全員が働きやすさと働きがいのある環境をつくることによって、すべての社員がその能力を充分に発揮し、働きがいと幸せを感じることができるように全力で支援し、今後もその努力を惜しみません。
企業・団体名 株式会社リブル
住所 海部郡海陽町宍喰浦字那佐337番地55
取組内容のPR及び抱負

【取組内容】

会社のメンバーがほぼ海陽町への移住組で構成されています。
徳島に子育てで頼る人がいないので、会社メンバー同士が子育てを助け合って行っています。
メンバーの子どもはみんな同じ保育園に通っているため、保育園のお迎えをまとめて手が空いている人が行ったり、休日出勤や長期出張で育児が大変な時は会社メンバー宅に集まり夕飯やお風呂を手分けして行ったりしています。会社の独身メンバーも保育園のお迎えに行ってくれたり、お迎え後の会社での待ち時間に子どもの遊び相手をしてくれたりと、とても助かっています。
子どもたちの誕生日や何かのお祝いには会社メンバーで集まることも多く、どこの家の子ではなく、会社メンバー全員がみんなの子を育てるような感覚でいます。

【抱負】

今年は会社に新たな移住家族が加わったのと、メンバーに新しい家族が増えたことで、子どもが一気に増える予定。ますます会社ぐるみでの子育てが重要になってくると思います。
会社メンバー家庭の子育ての不安・心配が減り、生活のし易さ度が上がることは、会社メンバーの仕事効率に直結していると思うので、応援が欲しい時は遠慮なくお願いしますといえるような雰囲気作りとともに、応援側からのお手伝い要りませんかアピールもどんどんしていこうと思っています。
企業・団体名 一般社団法人Disport
住所 海陽町奥浦字町内200ピアかいふ内
取組内容のPR及び抱負

【取組内容】

会社はほぼ海陽町移住組で成り立っています。
徳島には子育てで頼る人がいないので、会社のメンバー同士で助け合って子育てをしています。
保育園の送り迎えから、出張時のごはんやお風呂の世話、体調不良時の寝かしつけまで。
独身のメンバーも進んで子どもたちの世話をしてくれるので本当に助かります。
子どもたちは0歳児からメンバー宅で過ごすことが多いので、みんな兄弟、姉妹のように育ってくれています。

【抱負】

今年はまた子どもが増える予定なので、ますますメンバー同士の協力が必要に。
子育てや家庭がうまく回っていくことが、メンバーの仕事効率アップにつながるので、お互いにどんどん声をかけて協力していこうと思っています!
企業・団体名 株式会社高橋ふとん店
住所 板野郡松茂町豊久字朝日野6-5
取組内容のPR及び抱負

【取組内容】

育児休暇を取得中の社員に対して定期的な面談を行い、現状を聞きながら育児休暇の間もフォローできる体制を取っている為、復帰しやすく働きやすい環境を整えています。
また、復帰後は子供が小学校3年生までは育児短時間勤務制度を利用することが出来る為、個人に応じ柔軟な働き方ができるようにしています。
2015年にワークライフバランス委員会を設置。それ以降は委員会を通じて、育児中の社員の意見を取入れながら働きやすい環境を構築しています。

【抱負】

今後今以上に子育てしながら短時間勤務で働く社員が増えていきます。その為、より一層社員同士の協力が必要になります。お互いが思いやりをもって、自然と協力し合える環境を構築し、働きやすい会社づくりを目指していきます。
企業・団体名 株式会社ときわ
住所 徳島市下助任町3丁目20
取組内容のPR及び抱負

【取組内容】

産休に入る前までに社内の産休・育休担当者と面談し、体調、業務の引継ぎ、配慮してほしいこと、保育園について事業所内保育所の利用希望など(希望の場合はその段階で保育園枠を確保)ヒアリングし、上長にもコメントをもらい共有しています。また、育休復帰前に、復帰後の働き方、事業所内保育所希望の場合は見学日時を確認し、必要に応じて社長面談を設定し、スムーズに復帰できるよう手配しています。

【抱負】

女性社員の育休からの復帰100%を維持。男性社員の育休取得も引き続き100%を目指します。
企業・団体名 健祥会グループ
住所 徳島市国府町東高輪字天満356番地1
取組内容のPR及び抱負

【取組内容】

KIRARI WOMANネットワーク(健祥会グループ職員のネットワーク 女性活躍、子育て支援の活動の要)において、育児休業中の職員にグループ内のニュースや制度についてKIDSnaLINEでの発信・相談や、職員が保育士に育児相談できる子育て支援の場「KIRARI KIDS FESTA」を開催しています。また、EPA人財の配偶者や子どもに対する「EPA配偶者支援」を定期的に実施し、子育ての悩みを保育士に相談したり日本語の指導を行っています。他にもお仕事参観日、0歳から100歳overファッションショーを実施しています。
育児休業を取得することや育児のための時短勤務をすることは当たり前の風土としてグループ内で浸透しており、育児休業取得率は100%で、時短制度の利用者も年々増加しています。テレワーク勤務制度も充実させ、奨励しています。
職員の子育てを応援する手当として「子育て応援手当」の創設や、配偶者の出産や1歳の誕生日(育休復帰日)に特別有給休暇を取得できる制度を就業規則に定め、該当者がいる場合はその都度取得を奨励しています。
ライフステージに合わせた非正規職員から正規職員への転換制度やブーメラン制度(積極的再雇用)の運用も実施しています。

【抱負】

SNS、グループウェア等を利用し、産休・育休中・介護等を行っている職員に、制度情報の提供及び仕事との両立・キャリア形成のための相談体制を強化するとともに、育児・介護をしている職員が利用できる制度を一覧にまとめ、閲覧できる体制を作ります。
また、男性の育児休業・育児休暇制度取得を促進します。
誰もが働きやすい選ばれる職場であるために、職員それぞれがライフステージにあわせて多様な働き方ができることを目的とした限定職員の導入や年間休日数の増加、場所を選ばず、誰もがいつでも研修を手軽に受けられるオンライン、オンデマンド研修体制の構築を行います。